本文へ移動

お知らせ

オフィシャルリリース

第1回 能登半島地震 災害派遣報告会
2024-06-21
重要NEW
 令和6年1月1日に発生した能登半島地震では、甚大な被害となりました。
日が経つと共に、被災情報や支援対策が日々錯綜している状況でした。その中で能登半島への災害派遣の要請があり、飛騨慈光会として職員の災害派遣を行いました。
能登半島地震災害派遣職員出発式の様子は→こちら
 派遣職員はそれぞれ被災状況を目の当たりにして、日々生活を送られている被災者の方に寄り添うことで「災害について自分たちの事として考える」ことができました。
 被災地支援に当たった職員の経験を皆で共有し、今後の災害対策にも生かしていく目的で、5月29日に報告会を行い、4つの活動報告をしてもらいました。
被災地の現状やそこから見えてきた「被災された方の人生が大きく変わる」ことへの現実を知り、今後も継続した支援の必要性や災害対策について提案がされました。
 報告会は第2回の開催も予定しています。


報告会の様子
TOPへ戻る